施工事例

【こだわり・テーマから探す】の事例一覧

一宮市 A様邸 「夫婦のこれからを楽しむ自然素材リフォーム」

プラン・施工上の工夫

2室の境界にあった耐力壁をうまく使う事でご要望の対面キッチンを実現し、廊下側に不足していた収納力も上げました。
インテリアはご夫婦の個性が溶け込む上質な空間をテーマにくつろぎの時間を過ごしていただけるよう心掛けました。



【担当】
アドバイザー:寺井康裕/ デザイナー:北出祐子/ 施工監理:福島英樹

【こだわりポイント】

一宮市 S様邸 「子育て世代のこだわりデザインリフォーム」

プラン・施工上の工夫

水廻りの配置変更には制限があったので広いリビングを実現させるためにまずキッチンをオープンにし向きを変更。
寝室の間仕切壁の出角を丸くし視覚的に圧迫感を無くした。
自宅でお仕事をされる奥様のためにダイニングの椅子を反転させればそのまま使用できるカウンターを造作。
カウンター横には仕事の書類や学校の資料など細かいものを整理できる棚を付け、モデム類もすっきり隠して収納できるようにした。
寝室と子供室をつなぐファミリークロークは通り抜け可能にした。


【担当】
アドバイザー:寺井康裕/ デザイナー:北出祐子/ 施工監理:福島英樹

【こだわりポイント】

名古屋市 「外部と内部をつなぐ」

プラン・施工上の工夫

家事らくリフォーム作品コンテスト2018 地区最優秀賞


とにかく素敵な家でしたので、当時建築家が建てたときの状況や考えなどを私なりに再現しました。
内部はインテリアだけでしたが、外部と内部を緑や光で繋げる工夫をしました。
結果、防犯にも役立ち安心安全な家になりました。


【担当】
アドバイザー:遠山順也 金子智成/ デザイナー:杉浦千鶴/ 施工監理:小島一浩

【こだわりポイント】

名古屋市緑区H様邸 「憧れのLDKとウォークイン」

プラン・施工上の工夫

使われていない和室の一部をウォークインクローゼットとして、寝室とリビングからアクセスできるように配置。
残りの和室部分とキッチンを囲んでいた壁を取り払い、その空間をリビングに取り込んで広く明るいLDKとした。
壁紙と床、建具も白をベースに明るい色調とし、アクセントにアイスブルーを使いました。


【担当】
アドバイザー:肥塚裕紀/ デザイナー:今井祐紀/ 施工監理:下村龍

【こだわりポイント】

豊田市M様邸 「宿題もゲームも団らんも・・・ おやすみまで一緒に居よう マルチユースなLDK」

プラン・施工上の工夫

奥様が思い描いておられた家事動線や家族団らんについてのイメージを掘り下げて伺う努力をしました。
その中で、ダイニングキッチンと居間を繋げるご提案をし、予算をかける部屋、抑える部屋のめりはりを付け、又、クリナップショールームの展示処分品のキッチンも取り入れるなどして、費用対効果(満足度)を高め喜んで頂ける工夫をしました。

【担当】
アドバイザー:安藤哲也 / デザイナー:安藤哲也/ 施工監理:熊澤辰哉




【こだわりポイント】

名古屋市緑区O様邸 「クールなインテリアでスマートに子育てしましょ!」

プラン・施工上の工夫

とにかくお忙しいご夫婦と、まだまだ手のかかるお子さんたちの毎日の生活をいかに快適に過ごしていただくか。
ここに重点を置き、たくさんのプランを作成しそれぞれのプランに応じた生活スタイルをお話しました。
中古戸建購入+リフォームは住んだことのない家のリフォームになるので、お客様も何が問題なのか分かりにくいところがあります。
その点を分かりやすくご説明し、プランを決定いたしました。
2列型のキッチンは動線が短く、作業スペースや収納はたっぷりと確保できます。ダイニングテーブルは対面よりも横並びに配置する方が、D⇔Kの動線も短くなります。
週末一度に日々の作り置きのお惣菜を作る時も楽しく調理していただけるでしょう。
キッチンの横のスタディコーナーは二人でゆったり座れるサイズなので、親子で使える便利なスペースです。



【担当】
アドバイザー:中岡夏子/ デザイナー:中岡夏子/ 施工監理:今井健吏

【こだわりポイント】

名古屋市中村区M様邸 「これからもずっと住み続ける家」

プラン・施工上の工夫

浴室を1216から1616へサイズを大きくすることで、足を伸ばしてゆったりとくつろげるようにしました。
洗面室はL型にすることで窓がなくなり暗くなってしまうので、クロスは白いものを選び、浴室のドアを引き戸にしてより光を多く通すようにしました。外壁はディープブルーでシャープなイメージにして破風・鼻隠しをホワイトにすることで、スッキリとまとまりのある感じにしました。

【担当】
アドバイザー:相座謙二 池上千明/ デザイナー:後藤瑞希 岡田彩花/ 施工監理:林孝則

【こだわりポイント】

▲page up