遠山 順也

住宅リフォーム事業部 天白店 店長
2011年4月入社
愛知工業大学卒

職種:営業。

私は愛知工業大学の経営学部出身です。就職活動においては、建築という業種ではなく、営業という職種で会社を探していました。語弊を怖れずに言えば、営業は誰にでもできる仕事です。何か資格が必要なわけでもありません。しかし、考え方やスタンスによって能力に差は生じ、結果も大きく変わってきます。
私は「すべてのお客様に安らぐ『住まい』を提供し、一生涯のお付き合いをする」という安江工務店のミッションに惹かれました。また、行動指針や、お客様への考え方、経営の考え方、社員のあり方、社風の考え方、それらすべてが共感できるものでした。
「家を売って終わり」「家を建てて終わり」ではない。何かあれば「遠山さん、お願いできる?」と気軽に声をかけてもらえる。お客様とそんな関係を築いていきたいと思い、私は安江工務店で営業マンとして生きていく道を選びました。

ほんの小さな気持ちよさ。

入社後は約3ヶ月間、研修を受けることになります(年によってカリキュラムは異なります)。建築の一般常識について学び、社会人としてのマナーや会社の考え方(クレド)を習得。また、実習では網戸の交換やトイレの組み立てなども行ないました。その後、先輩社員の接客に同席することになります。もともと人と接することには慣れていましたが、それでも最初はとんでもなく緊張しましたね。
そして、最初は簡易な工事から一人で担当を任せられるようになります。特別なことをせずとも、教えられた対応の早さや元気のよさを実践するだけで、お客様には喜ばれました。
営業の本質は「どれだけお客様に気持ちよくなってもらうか」ということにあると、私は思っています。それは「いい家ができた」という気持ちよさだけではなく、「すぐに連絡をくれた」「工事中にちょっとした気遣いがあった」という、ほんの小さなことに対する気持ちよさです。むしろそういった小さな気持ちよさを積み重ねることによってしか、大きな満足は生まないとも思います。
一度お客様に「のちほどお電話しますね」と言っておきながら、電話するのを忘れてしまったことがあります。大きなクレームにはなりませんでしたし工事も無事完了しましたが、私にとっても(おそらくお客様にとっても)モヤモヤの残る仕事になってしまいました。
それから私は、どんな些細なことでも頭の中で処理するのではなく、ノートに書いて管理するようにしています。

役職:店長。

私は学生時代にバドミントン部に所属していて、主将や副主将を務めていました。また、コンビニでのアルバイト経験もあって、どちらかと言えば気配り上手なタイプです。3年目の秋にリーダーに昇格したとき、せっかくなのでその強みを活かそうと思いました。
担当者は自分の仕事、自分の目標実績数字に集中すればいい。リーダーはその営業面でのサポートを行ない、店長の負担を少しでも軽くするのが仕事です。後輩の顔色が優れなかったら「なにかあった?」と声をかけ、相談に乗ってあげます。また、ときには、店舗の接客テーブルの上の本を少し動かしたり、椅子の向きを変えたりしてみる。そして後輩に質問するのです。「なにか気づかない?」と。普段からアンテナを張っておかないと、お客様宅でのちょっとした変化や「できればこうしてほしいのに」というお客様のサインを見逃してしまう。その訓練です。
また、なにか困ったことや質問したいときに「聞きにくい」と思われるのは嫌なので、雰囲気づくりにも気を配っています。担当者からリーダーになり、つまり教える側の人間になって、視野が広がり考え方も変わりました。これはまた自分の接客にも活かされることですし、成長につながっているなと感じています。

答えは、いつもYES。

経営学部を出ているからというのもあるのですが、将来的には店舗の経営や会社の経営に携わりたいと思っています。また、マーケティングの分野にも興味があります。
同じエリアにライバル企業がある中で、安江工務店はどうやって勝っていくのか。名古屋から愛知、東海、そして全国へと進出していくにあたって、どんな事業を展開していけばいいのか。そういったことを考えているとワクワクします。
「絶対NOと言わない」のが私の信条です。なにか頼まれたら、どれだけ自分がキツイ状況でも引き受けます。やってみてダメならしょうがないですが、やってないのにNOと言うのは違うと思うんですよね。だから答えは、いつもYESなのです。
私は決してセンスがあるわけではありません。それでも自分に正直に生き、楽しく元気にポジティブに努力を積み重ねていけば、この会社で結果を残せると思いますし、この会社をよりよく変えていけると思っています。